ガルバリウムは塗装 メンテナンス必須です
ガルバリウムとは

ガルバリウムのメリット

耐久性に優れている

ガルバリウムは、亜鉛鉄版の犠牲防食機能(亜鉛が犠牲となって腐食することにより鉄の腐食が防止されること)と、アルミの長期耐久性を併せ持っているため、優れた耐久性を誇ります。また、酸性雨や酸性雪、海岸地域でも優れた耐久性を発揮します。

耐熱性が高い

ガルバリウムは、銅板の上に「亜鉛43%・アルミ55%・シリコン1.6%」の合金層があり、熱に強いアルミが多く含まれているため、従来の亜鉛鉄板よりも耐熱性に優れています。

耐震性に優れている

ガルバリウは1~3mm程度と非常に薄い素材であり、重さも瓦の10分の1ほどと、とても軽量です。ガルバリウは家屋の躯体への負担を軽減し、瓦などに比べ地震の揺れに強いです。

加工しやすい

ガルバリウはメッキ層が柔らかいため、複雑な折り曲げが可能です。これにより、様々な形状の屋根に対応することができます。

ガルバリウのデメリット

断熱性が低い

瓦やスレートの屋根材には、それ自体に断熱性機能があるのですが、ガルバリウは金属なので、素材自体に断熱性能はありません。そのため、屋根材の下や屋根裏に断熱材を施工することが一般的です。

防音性が低い

ガルバリウは金属素材なので、瓦やスレートと比べると防音性に劣ります。下地として防音材を敷くなど対応が必要です。

アルカリ性に弱い

耐久性のあるガルバリウですが、アルカリ性とは相性が良くありません。枯れ葉や木くず、木材などが長い間付着していると、変色・変質することがあります。

 塗料選びのコツ

01.

伸縮性のあるシリコン塗料がオススメ!

シリコン塗料は伸縮性があり、ひび割れしにくいというメリットがあります。ガルバリウムは金属性のため、塗膜のひび割れをなるべく防ぎたいので、シリコン塗料での塗装はオススメです。

DSC_0391_R

02.

下塗りにサビ止めが 必須!

金属性のガルバリウムは、錆びにくいとはいえ金属なので錆びます。塗装をする際に下塗りにサビ止めを塗らないと、錆びの浸食が進んでしまうので注意が必要です。

DSC_0374_R

03.

水性塗料よりも油性塗料を推奨!

ガルバリウムに塗装する際は、耐久性や錆防止の効果を考えると、水性塗料よりも油性塗料の方がオススメです。扱いやすいのは水性塗料ですが、油性塗料の方が長持ちするのでメンテナンスの面からもメリットが多いです。

DSC_0401_R
ガルバリウムに発生する傷みの症状
Point2

赤さび

赤さびはガルバリウムが傷ついてしまったところから発生するサビです。ガルバリウムは表面こそ特殊なメッキ加工がされていますが、中身は鉄の板のようなものなので錆びてしまいます。

Point1

白さび

潮風が吹く海の近くの家や、高温多湿な状況下でおきやすいサビ現象の一つです。金属のサビというよりも、白い斑点がガルバリウムの表面に出来てしまう現象です。

Point3

もらいサビ

他の金属のサビをガルバリウムがもらって錆びてしまうという現象です(赤さびの一つです)。錆びたネジが壁に当たると、それだけでもらいサビをしてしまう可能性があります。

Access

大分全域の外壁塗装・リフォームのご依頼を承るオンセンス株式会社では九州各県へ出張を行っております

概要

社名 オンセンス株式会社
住所 大分県大分市萩原1丁目3番5号
電話番号 097-560-8001
商圏エリア 大分県全域(九州各県へ出張可)
ホームページ http://onsense-reform.com/

アクセス

大分にある外壁塗装・トータルリフォームを請け負うオンセンス株式会社では、九州全域からのご依頼を承っております。価格よりも質を徹底的に追求し、お客様がお住まいに対して感じている不安や不満を解消いたします。長いお付き合いが歩めるよう高品質な施工を提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事