セメント瓦は塗装メンテナンス必須です!
セメント瓦とは

セメント瓦のメリット

形が選べる

セメント瓦は原料がセメントなので形を加工しやすいという特徴もあります。和瓦のような形から、洋瓦の形まで種類が豊富で、屋根や建物のデザインに合わせてピッタリのものを選ぶことができます。

耐用年数が長い

耐用年数は一般的に約30年以上あるとされ、屋根材としては耐用年数が長い部類に入ります。耐用年数が長いのでメンテナンスの作業や葺き替えの作業の回数も少なく済み、コストがかからないことで人気です。

施工しやすい

セメント瓦は薄い板状の建材を繋ぎ合わせて屋根を作る屋根建材で、その作業や工程は比較的簡単です。職人の人数が少なくても施工でき、施工費用を抑えることができます。

セメント瓦のデメリット

割れやすい

セメント瓦はセメントでできているため硬く、衝撃に比較的弱めです。ひび割れを起こしやすいので、ひび割れや割れが起こったら瓦を交換するなどのメンテナンスが必要です。ひび割れや割れを放置しておくと、中の建材まで劣化が進んでしまいます。

塗装が必要

セメント瓦は瓦ではありますが、原材料がセメントなので表面に塗装を施す必要があります。塗装をしないと水分などが中に染み込んで劣化してしまいます。

また塗装は年数を経ることで劣化していくので、定期的なメンテナンスが必要になります。耐用年数に及んでいなくても、劣化具合がひどい場合はその時点で補修や塗替えが必要になることがあります。

 塗料選びのコツ

01.

「適用下地」にセメント瓦と記載があるか要チェック!

セメント瓦塗装の際は、下塗り塗料が「セメント瓦適用」かどうかを、必ず確認しましょう!

下塗り塗料とは、一般的な3回塗りの1回目に使う塗料で、瓦との接着剤の役割をする塗料の事です。この下塗りが適したものでないと、せっかく良い塗料を塗ったのに剥がれるなど、不具合を起こす危険があります。

セメント瓦のお家の方は、下塗りこそ重要になってきます!

 

DSC_0391_R

02.

耐久性の長い「フッ素」や「無機」がオススメ!

セメント瓦の塗装をする際は、フッ素や無機塗料などの、耐用年数が長いものを使うのがオススメです!なぜなら、長期的に見たコストパフォーマンスが良くなるからです。

DSC_0374_R

03.

遮熱・断熱塗料」は効果が薄いので使わない

近年は遮熱・断熱などの機能性塗料の人気がありますが、セメント瓦はこうした塗料を使わないほうが良いでしょう。なぜなら、セメント瓦は厚みがあり、もともと熱を通しにくいからです。

DSC_0401_R
セメント瓦に発生する傷みの症状
Point1

変色、色あせ

セメントの表面が色あせて、くすんで見えます。

新築時は表面に塗装されて綺麗に色づいていたはずですが、日々の紫外線や雨風により、塗装が弱って、色が抜けてきている状態です。

劣化の初期症状と言えます。

Point2

カビ、コケの繁殖

セメント瓦が水分を含んでジメジメした状態になると、カビやコケの胞子が付着して、根付いてしまうのです。

表面の防水性が切れてしまっている証拠です。

カビ、コケは瓦の内部に根っこを張っていくため、セメント自体をもろくしてしまいます。

Point3

ひび割れ、欠落

厚みがあるセメント瓦も、経年劣化でひび割れてしまいます。セメントは水を吸うと膨張し、乾くと収縮するため、その働きで負荷がかかるためです。

塗装の防水性が切れてからしばらく経っている状態です。

放っておくとひびは広がり、やがて欠落も起こってしまいます。

セメント瓦は、防水塗装によるメンテナンスが必要な屋根材です。なぜなら、セメントの素材そのものは防水性がないからです。

新築当初は表面に塗装がされており、水を弾いてくれていましたが、塗装は日々の紫外線などで劣化してしまいます。塗装が弱るとセメント素地がむき出しの状態になり、水をどんどん吸い込むようになります。この「水」が原因で様々な劣化症状を引き起こしてしまうのです。

変色、色あせ、カビ、コケ、ひび割れ、欠落、どれか一つでも見つかったときは塗装が必要な時期です。

Access

大分全域の外壁塗装・リフォームのご依頼を承るオンセンス株式会社では九州各県へ出張を行っております

概要

社名 オンセンス株式会社
住所 大分県大分市萩原1丁目3番5号
電話番号 097-560-8001
商圏エリア 大分県全域(九州各県へ出張可)
ホームページ http://onsense-reform.com/

アクセス

大分にある外壁塗装・トータルリフォームを請け負うオンセンス株式会社では、九州全域からのご依頼を承っております。価格よりも質を徹底的に追求し、お客様がお住まいに対して感じている不安や不満を解消いたします。長いお付き合いが歩めるよう高品質な施工を提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事