砂利

お庭に砂利を敷き詰めたいけど、どんな砂利を敷いて、雑草対策はどんなふうにすればよいのか分からない人の為に、砂利の種類と砂利を敷くときの雑草対策についてお伝えします。

砂利を敷くメリット・デメリット

メリット

雑草対策として砂利をまく方法を選ぶことで、多くのメリットを得ることができます。まずは砂利をまくと、土に日光があたりにくくなり光合成が容易にできなくなるため、雑草の成長を妨げることができます。

また砂利を敷く方法は、ほかの方法よりも比較的低コストで雑草対策ができます。さらに、音が鳴る砂利をまいておくと、敷地内に誰かが侵入したことに気づきやすくなり、防犯対策にも効果的です。

除草剤は健康を害するおそれがあります。とくに小さいお子さんやペットは、除草剤のついた雑草に身体が触れることがあるかもしれません。しかし、砂利であればそのようなことを心配する必要がありません。

デメリット

白や淡い色の砂利を選んでしまうと、土などで汚れてお庭の景観が悪くなることがあります。砂利の隙間にゴミや落ち葉が入り込みと、手で取り出さなければならなくなり掃除に手間がかかります。

また、砂利を直接土の上に敷いた場合、人や車が通るたびに、その重さで土にめり込んでいきます。土にめり込むと砂利に隙間ができ、隙間から出てきた土に雑草の種が落ちると、そこから発芽し成長します。そのため、土の上に砂利を敷いたとしても、完全に雑草を抜く手間が省けるということにはならないのです。

砂利敷きで雑草対策を高める方法

雑草対策に砂利敷きを用いても、砂利の隙間から雑草が生えてきてしまいます。砂利敷きだけでは雑草対策として不十分なので、防草シートを砂利と併用して使うことをおすすめします。

防草シートを敷いてから砂利を敷くと、雑草が生えにくくなります。防草シートが土に日光があたるのを遮るため、発芽や成長を抑制するからです。同時に、日光が防草シートに届きにくくなるため、紫外線で防草シートがすぐボロボロになる心配をしなくてよくなります。

また、種子が風邪を媒介にして砂利の上に落ちて発芽することがありますが、発芽してしまっても土に根が張れないので、抜くのに手間がかかることはありません。

Access

大分全域の外壁塗装・リフォームのご依頼を承るオンセンス株式会社では九州各県へ出張を行っております

概要

社名 オンセンス株式会社
住所 大分県大分市三川下2丁目1番23号
電話番号 097-560-8001
商圏エリア 大分県全域(九州各県へ出張可)
ホームページ http://onsense-reform.com/

アクセス

大分にある外壁塗装・トータルリフォームを請け負うオンセンス株式会社では、九州全域からのご依頼を承っております。価格よりも質を徹底的に追求し、お客様がお住まいに対して感じている不安や不満を解消いたします。長いお付き合いが歩めるよう高品質な施工を提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ