屋根の点検は必要!?
オンセンス株式会社が屋根点検の適切な時期をお教えします!

屋根の点検は必要?

屋根は紫外線や雨風の影響をまともに受けるので、定期的なメンテナンスが欠かせません。雨漏りなど放っておくと建物自体に影響が出てしまうため、屋根塗料や瓦の点検・修繕は、約10年ごとに行うことをオススメしています。その他にも、雨漏りや瓦の破損、台風などの自然災害の被害があったタイミングでも点検が必要です。

屋根が傷む原因
屋根の点検をすべき時期は・・・?
Point
1

約5年ごとに点検しておくと安心

お家の屋根や外壁は、約10年ごとにメンテナンスを行なっていくと、キレイで健康な状態を維持することができますが、メンテナンスの目安となる築10年よりも、少し早めに点検をしておくのがオススメです。雨漏りなどの大きなトラブルを未然に防ぐために、屋根工事を考えていなくても点検を行なう事は大切です。

Point
2

最低でも築10年を過ぎたら点検

「我が家はもう築10年以上経ってる…!」という場合は、できるだけ早めに屋根点検をしてもらうのがオススメします。屋根が傷んでいてもおかしくない時期なので、大きな劣化になる前に点検しましょう。

Point
3

大きな台風や暴風雨のあとは点検

屋根の点検は、築年数だけではなく、大きな自然災害に見舞われた後も、できるだけ行なうことをオススメします。屋根は、お家の傘とも言える部分なので、台風や暴風雨などのダメージを一番受けやすく、屋根の上で屋根材がズレていたり、見えないところで雨樋が破損している可能性があり、雨漏りの原因となってしまいます。

ご自身での点検をオススメしません!

業者さんに屋根の点検をしてもらおうと思っても、「業者さんを探したり、日程を合わせるのが面倒だから、自分で点検しちゃだめかな?」と考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、ご自身での屋根点検は事故の危険性が高く、屋根から転落してケガを負ってしまったり、屋根の下にいたご家族などにもケガを負わせてしまう可能性もあります。

また、屋根材を傷つけてしまう恐れもあります。スレート屋根という、薄いセメントで出来ている屋根材の場合は、気を付けなければ人が踏むだけで割れてしまうため、職人さんも屋根の上にあがる時はとても慎重です。また、屋根の下地となる野地板(のじいた)は、湿気や雨漏りで酷く傷んでいると柔らかくなっている場合があるため、屋根の上に乗った時に抜け落ちてしまうこともあります。

オンセンス株式会社では、経験豊富な職人による点検やドローン点検も行っております。ぜひ一度お気軽にご相談ください!

お気軽にお電話でご連絡ください
097-560-8001 097-560-8001
Access

大分全域の外壁塗装・リフォームのご依頼を承るオンセンス株式会社では九州各県へ出張を行っております

概要

社名 オンセンス株式会社
住所 大分県大分市萩原1丁目3番5号
電話番号 097-560-8001
商圏エリア 大分県全域(九州各県へ出張可)
ホームページ http://onsense-reform.com/

アクセス

大分にある外壁塗装・トータルリフォームを請け負うオンセンス株式会社では、九州全域からのご依頼を承っております。価格よりも質を徹底的に追求し、お客様がお住まいに対して感じている不安や不満を解消いたします。長いお付き合いが歩めるよう高品質な施工を提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事